転倒リスクのセルフチェックに!

ロコモティブシンドロームとは

要介護になる危険性の高い状態のこと。原因は

  1. 筋力の低下
  2. バランス能力の低下

足指力を測定して、転倒リスクの低減へ!

 

特徴

  • 足指力を測定することで、転倒リスクのセルフチェックができます。
  • 電源スイッチを入れるだけで簡単に足指力の測定ができます。
  • 足指力と年齢のグラフに測定結果を当てはめることで、足指力の年齢が分かります。
  • 別売りのヒラオカ式健康運動用補助具「極足」を利用してトレーニングすることができます。

注意事項

測定方法を遵守しないと測定値がばらつきます。画像のように、右利きの人は、椅子に座り、左足が宙に浮かないようにして下さい。

納入先のご提案

エステサロン、リラクゼーションルーム、温浴施設、フィットネスクラブ、薬局、接骨院、保険センター、スポーツジム、病院、予防検診機関、公共施設などなど。

仕様

主な仕様
測定レンジ 45kgf
耐荷重 136kgf
精度 ±1%
使用範囲 0〜50℃
電源 単三電池x2本
サイズ 150W x 420L x 100H (mm)
重量 4.5kg
付属品 単三電池x2本、滑り止めシート
消耗品 足底シート、単三電池x2本、滑り止めシート

※本製品は医療機器ではありません。
※仕様は改良のため予告無く変更する場合がございます、予めご了承下さい。

カタログ

「足指力計ふんばるくん」カタログデータ(PDF形式)

PDFの閲覧には無料のAdobe Readerが必要です。
閲覧出来ない場合は最新版のダウンロードをお願いします。

ページトップへ